2009年12月09日

20091122 ペヤングとフクちゃんと私

ウバさんの家に向かう途中のコンビニでの事。

小腹がすいたので夜食に何か買ってく事に。

ウバさん「何にする?」

俺「じゃあ大盛りペヤングで」

鍋食って、おじやもおかわりまでして、

さらにはデザートにパフェも食ったというのに。

この日の俺の食欲は尋常じゃなかったと思う。

ついでにカロリー摂取量も尋常じゃないと思う。

寝る前に1000kcalとかエネルギー過多もいいとこだ。

太るだろう、常識的に考えて。

太らなかったけど。



ウバさんの家に着いた時、ご家族はちょうど留守だったようで

代わりにペットの犬のフクちゃんの歓迎をたっぷり受けた。

全然吠えもせず噛みもせず近寄ってきてくれた。

イヤン、超かわいい。

とってもかわいいのでムツゴロウさん並になでまわしてやりました。

しばらく戯れた後に、家族が帰ってくる前に夜食を作ってしまおうということに。

たしかに家帰ったら見知らぬ男が台所でペヤングの湯切りしてた

なんて事になったらそれはもう心臓が止まりそうだろう。

火薬を入れ忘れたのはご愛嬌。

流し台に麺がだばぁっなんて悲劇は起きる事なくでかいカップ片手にウバさんの部屋へ。

マンガ、プラモデル、ゲーム・・・

高校生みてぇな部屋だな。

すげー落ち着いたけど。



とりあえず夜食を片づけてなんとなくPSUにイン。

もちろんウバさんのキャラで。

せっかく二人いるしなんか出来ないものかと考えた末、

俺がコントローラ、ウバさんがキーボードをそれぞれ持って

ソフキとキーボによる二人同時発言が可能に。

二人乗りUVERの誕生である。

ひとつの体からふたつの性格が飛び出す不思議なキャストへと進化した。

傍から見たらかなり変な奴だったと思う。

一緒に話してたレインさんから、

「同じような事してた時にう○こと連呼されて大変だった」

という話を聞いて俺は

「お上品な俺はそんな事言わないけどな」

と発言しようとしたとき、ウバさんが文字を打ってる途中で介入してきた!

そして何をどう間違えたのか、

「お上品な俺はそんな事言わないけどなう○こ」

と発言してしまった!

しかもパブリックチャットで。

お、俺は悪くないからね!?

ウバさんの社会的地位が危ぶまれる日でした。


 次回、ウバさんとマーさんのデートに密着!
posted by アルト at 22:04| Comment(2) | TrackBack(0) | リアル日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大盛りぺヤングは至高(キリ

パブリックでう○ことか言わないでくださいwww
お上品な君は「御う○こ」って言うんですね(マテ
大丈夫社会的な地位はそんなにたかくな・・・ウワーナニヲスルー
Posted by メタル茸sp at 2009年12月12日 14:46
>茸さん
いい味出してたぜ、大盛りペヤング。
お上品な俺は「う○ち」と言うのです。
お食事中の方、申し訳ありません・・・
Posted by アルト at 2010年01月12日 20:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。